プロジェクト

全般

プロフィール

Windows上でのC/C++開発環境概要

全般

商用のコンパイラとオープンソースのコンパイラが利用できます。特に最近GNU Compiler由来のコンパイラが幾種類か利用できるようになっています。

商用のコンパイラ

などがあります。
Visual StudioやC++ Builderは統合開発環境(IDE)として製品化されています。
C++ Composerは並列処理が強化されたコンパイラで、統合開発環境はVisual Studioを利用する構成です。

オープンソースのコンパイラ

などがあります。いずれもコマンドラインツールで、統合開発環境はEmacs、Vim、Eclipse、NetBeansなどを使います。

ライセンスメモ

  • Cygwin GCC
    GPLv3と商用ライセンスのデュアルライセンスです。商用ライセンスはRed Hatから購入できるようです。
    http://www.redhat.com/services/custom/cygwin/
    CygwinのGCCでビルドしたプログラムはGPLが適用されるcygwin1.dllとリンクしているので、商用ライセンスを購入しないとプログラムがGPL派生物となります。
  • MinGW
    デフォルトではmsvcrt(MicrosoftのCランタイムライブラリ)とリンクするのでMinGWでビルドしたプログラムはGPLにはなりません。
    ただし、ライブラリを追加する場合、それぞれのライブラリのライセンスを確認する必要があります。
    • libstdc++ C++標準ライブラリです。ライセンスはGPLv3 + GCC Runtime Library Exceptionです。
    • pthread POSIXスレッドライブラリです。ライセンスはLGPLv2+

詳細

Visual Studio

MinGW

NetBeans

プログラミングモデル

64bit

Windows 64bitでは、単一の静的なデータオブジェクト(例:静的領域に確保した配列)が2GBを超えることができないようです(データセクションのサイズ制限)。
2GBを超える単一データオブジェクトを扱うには、ヒープに割り当てる必要があります。