プロジェクト

全般

プロフィール

Windowsでプログラミング向けフォント

目的

プログラミング作業では、インデントなどによる桁合わせが視認性に影響を与えるので、プロポーショナルフォントではなく等幅フォントを使用します。
また、数字の1、英小文字l、英大文字Iの区別、数字の0、英大文字のOの区別が容易なフォントが有用です。

フォントの種類

フォント名 欧文フォント 和文フォント 欧:和比 1lI0O区別
Myrica Inconsolata 源真ゴシック 1:2 あり
Myrica M Inconsolata Mgen+ 1:2 あり
Ricty Diminished Inconsolata Circle M+1m 1:2 あり
Ricty Diminished Discord Inconsolata改 Circle M+1m 1:2 あり
IPAゴシック TBゴシックベース 1:2 あり
Source Han Code JP Source Code Pro 源ノ角ゴシック 2:3 あり
CodeM Font Source Code Pro Migu 1m 不定 あり
MeiryoKe Meiryo等幅化 Meiryo 1:2 なし
MeiryoKe Console Meiryo等幅化・改 Meiryo 1:2 あり
  • 源真ゴシックは、Adobeがオープンソースで開発した源ノ角ゴシックを改善

情報収集メモ

  • InconsolataとSource Code ProではInconsolataが縦長
  • 源ノ角ゴシックとM+FONTS系ではM+FONTSが丸みを帯びややポップ

フォント評価記事

フォント詳細

IPAフォント

注)IPAexはプロポーショナルのみ

Myrica

Source Han Code JP

Ricty Deminished