プロジェクト

全般

プロフィール

WindowsでネットワークIPv6設定

IPv4とIPv6の混在における設定

IPv4を優先使用する

C:\>netsh interface ipv6 show prefixpolicies
アクティブ状態を照会しています...

優先順位   ラベル  プレフィックス
----------  -----  --------------------------------
        50      0  ::1/128
        40      1  ::/0                          <-- IPv6
        35      4  ::ffff:0:0/96                 <-- IPv4
        30      2  2002::/16
         5      5  2001::/32
         3     13  fc00::/7
         1     11  fec0::/10
         1     12  3ffe::/16
         1      3  ::/96

C:\>

IPv4のプレフィックスである::ffff:0:0/96の優先度を、IPv6のプレフィックスである::/0より高くします。

  • 注)1つでも prefixpolicyを設定すると、再起動後に設定したもの以外が消えてしまいます。すべてのプレフィックスの設定をコマンドで行う必要があります。

IPv4の優先度を高くする設定

C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::ffff:0:0/96 50 0
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::1/128 40 1
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::/0 35 4
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy 2002::/16 3 2
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy 2001::/32 5 5
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy fc00::/7 3 13
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy fec0::/10 1 11
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy 3ffe::/16 1 12
OK
C:\>netsh interface ipv6 set prefixpolicy ::/96 1 3
OK

初期状態に戻す

C:\>netsh interface ipv6 reset
インターフェイス のリセットに成功しました。
近隣 のリセットに成功しました。
パス のリセットに成功しました。
プレフィックス ポリシー のリセットに成功しました。
 のリセットに失敗しました。
アクセスが拒否されました。

 のリセットに成功しました。
 のリセットに成功しました。
コンピューターを再起動してこの操作を完了してください。

再起動すると設定が初期状態に戻っています。

IPv6の有効・無効化設定

IPv6を無効化する

Windows OSはIPv6機能が標準で組み込まれているので完全には無効化できませんが、次の方法で部分的に無効化できます。

連載IPv6入門 - 第三回 IPv6の無効化方法 ~ Ask the Network & AD Support Team

  1. NIC のプロパティのチェックボックス OFF (物理インタフェースでの IPv6 を無効化する)
  2. netsh コマンド (トンネル インターフェースの IPv6 を無効化する)
  3. KB929852 のレジストリ設定 (Loopback インタフェース以外の IPv6 を無効化する)

レジストリ設定でLoopbackインタフェース以外のIPv6を無効化

PS > Get-ItemProperty -Path HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\ `
-Name DisabledComponents
Get-ItemProperty : プロパティ DisabledComponents がパス ~(中略)にありません。

PS > New-ItemProperty -Path HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\ `
-Name DisabledComponents -PropertyType DWord -Value 0xffffffff

DisabledComponents : 4294967295
PSPath             : Microsoft.PowerShell.Core ~(略)