プロジェクト

全般

プロフィール

Git for Windowsのインストール

入手

Git for Windowsの公式サイトから最新版をダウンロードします。
https://git-for-windows.github.io/

上述URLにアクセスし、[Download]ボタンを押すと、その時点で最新のMsysgitインストーラファイルがダウンロードされます。
2015-10-25時点の最新インストーラファイル(64bit版):Git-2.6.2-64-bit.exe

インストール

ダウンロードしたアーカイブファイルを実行します。
インストールウィザードが表示されるので、順次指定をしていきます。

ようこそ画面

ライセンス承認画面

インストール先ディレクトリの設定画面

特に好みのインストール場所がなければデフォルトで進めます。

インストールコンポーネントの選択画面

  • TortoiseGitと併用する使用方法とするので、エクスプローラのメニューにはTortoiseGitの拡張メニューだけ追加し、Msysgitの拡張メニューは追加しないようにインストール対象("Windows Explorer integration")のチェックを解除します。
  • Cygwinを使用するWindows機に入れるので、MsysgitとともにインストールされるMSYS環境への拡張子の関連付けは解除します。

スタートメニューへの登録設定画面

環境変数PATHの設定画面

  • MsysgitのコマンドはTortoiseGitで使い、Windowsのコマンドプロンプトからは使わないとするので、余計なPATHを追加されないよう"Use Git from Git Bash only"を選択します。

ファイルの改行コード制御の設定画面

  • ファイルの改行コードをGitコマンドに自動で変更させる設定は、マルチプラットフォームでかつその振る舞いを理解していると便利なこともありますが、意図しない振る舞いとなることもあるので、ここではGitが勝手に改行コードを変更しないよう"Checkout as-is, commit as-is"を選択します。

インストール実行中の画面

インストール完了画面