プロジェクト

全般

プロフィール

衛星通信

通信へ影響を与える要因

電離層

電離層は、周波数の低い電波を反射してしまうため、衛星通信に使用する周波数は電離層で反射されない高い周波数を使用します。電離層(電離圏)の影響は周波数が低いほど大きく、VHF帯(30-300MHz)以上では減衰の影響を殆ど受けないため、衛星通信ではUHF帯(300MHz-3GHz)、SHF帯(3-30GHz)、EHF帯(30-300GHz)が使われています。

なお、GPS等の測位衛星で使用する電波はレンジング(電波の伝搬時間を精密に測定し距離を測る)に使用するため、電離層を通る際の電波伝搬遅延が問題となります。

対流圏

対流圏では、降雨減衰、大気吸収といった影響が衛星通信で使用する周波数におよびます。

参考資料

  1. 電子情報通信学会「知識の森」4群-2編-11章「電波伝搬」
  2. 「電離圏による衛星通信の影響」(NICT 2009)
  3. 「衛星通信の電波伝搬研究 1980年代~私の研究原点」(唐沢氏、電子情報通信学会A・P研特別講演 2015-10-22)