プロジェクト

全般

プロフィール

Windows Hyper-V

はじめに

Hyper-Vは、Windows OSに標準搭載される仮想化機能です。
Windows Server OSだけでなく、Windows 8以降のクライアントOSでも利用可能です(ただし、エディションに制限あり)。

簡単設定

Windows 10でHyper-Vを有効化

Windows 10 Pro以上のエディションでHyper-Vが利用可能です。

  • [コントロールパネル] > [プログラム] > [Windowsの機能の有効化または無効化]] から、[Hyper-V]にチェックを付けます。
  • 再起動後、Hyper-Vマネージャを起動します(スタートメニュー > Windows管理ツール > Hyper-V マネージャー)。

仮想スイッチの設定

Hyper-Vを使うには、最初に仮想スイッチを作成する必要があります。

  • Hyper-Vマネージャーの左側ペインで実行するホストを選択する
  • Hyper-Vマネージャーの右側ペインで[仮想スイッチマネージャー]をクリックする
  • 仮想スイッチマネージャーで、[外部]を選択し、[仮想スイッチの作成]ボタンをクリックする
    外部/内部/プライベートが選択でき、外部はホスト外のネットワークアクセスが可能、内部はホスト内の物理または仮想マシンとのネットワークアクセスのみ可能、プライベートは他の物理または仮想マシンとのネットワークアクセスが不可です。
  • 名前を付け(例:有線LAN-1系)、外部ネットワークのNICを選択(複数NIC搭載PCでは実際に使用するNICを選択する)、[OK]ボタンをクリックする

仮想マシンの世代

Hyper-Vでは、仮想マシンの種類として第1世代、第2世代が選択可能(選択させられる)となっています。

第1世代仮想マシン

第2世代仮想マシン

  • UEFIファームウェアに対応
  • レガシーデバイスの削除(IDE、フロッピーコントローラ、i8042キーボードコントローラ、PS/2キーボード・マウス、PCIバス、PIC、PIT、スーパーI/Oデバイス)
  • 標準ネットワークアダプタを使用したPXEブートに対応
  • SCSIコントローラから起動
  • セキュアブート
  • VHDX形式の仮想ハードドライブ(VHD形式はVHDX形式に変換する必要あり)
  • Linux を起動するにはセキュアブートを無効にする必要がある

参考

仮想マシンの作成

  • Hyper-Vマネージャーの左側ペインで実行するホストを選択する
  • Hyper-Vマネージャーの右側ペインで[新規] > [仮想マシン]をクリックする
  • 「仮想マシンの新規作成ウィザード」で、名前と格納場所を設定する
  • 「仮想マシンの新規作成ウィザード」で、世代の選択をする
  • 「仮想マシンの新規作成ウィザード」で、起動メモリを設定する
  • 「仮想マシンの新規作成ウィザード」で、ネットワークの構成を選択する(先に作成した仮想スイッチを選択) *

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)