プロジェクト

全般

プロフィール

Visual Studio

Windows上の代表的な統合開発環境の一つ。
Microsoftが開発しているプログラミング言語(Visual C++、Visual Basic .NET、C#、F#)の開発に使用します。

バージョンとエディションについて

バージョン

エディション

Community

Visual Studio 2013から登場したエディションで、機能はProfessional相当です。無償ですが、利用可能な条件1が次のとおり課せられています。

  • 個人開発者は利用本数に制限なく利用可能
  • 組織で利用するときは、
    • OSI認定ライセンスでリリースするソフトウェアの開発には利用本数に制限なく利用可能
    • オンラインの一部(?)、学習環境(クラスルーム)、アカデミックな研究では利用本数に制限なく利用可能
    • 次の条件に合致する企業でなければ、5人以下まで利用可能
      • PCが250台あるいは250人を超えるか、または年間売り上げ100万ドル(約1億円)を越える企業
        → affiliateを含むとあるが、子会社を指すのか、日本語FAQにあるように受託開発の受注企業を指すのか判断つかず

1 ライセンス文面(英語)
FAQ(日本語)

FAQ(日本語)にある解説だと、他の企業から発注を受けて開発する場合は、条件に合致する企業においてもCommunity利用の対象外になるようです。

Express

 機能に制約を設け、無償で提供(30日間を越えての使用には無償の登録が必要)されています。無償の登録にはインターネット接続が必要になります1。ということは、非インターネット接続な開発環境での開発には使えないですね。

1 Visual C++ 2008 Express Editionのオフライン(DVD)インストールでは無償の登録は不要でしたが、それ以降のバージョンではインターネット接続での登録が必須になりました。

Ultimate

Professional

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)