プロジェクト

全般

プロフィール

SQL Server Express Edition

Express Editionについて

Express Editionは、商用で利用可能な無償バージョンです。ただし、使用できるリソースに制約があります。

  • データベース領域は1つあたり10GBまで
  • CPUリソースは1CPU4コアが上限(それ以上の高スペックPCでもCPUリソースを活用できない)
  • 使用メモリは1GBが上限
  • 管理機能に制約

インストールメモ

Windows 10に2017 Expressをインストール

  • インストーラーを実行
  • 展開されたファイルのディレクトリを聞かれる
    → 一時作業領域を指定、そこに展開される
  • SQL Serverインストールセンター画面が表示される
    → [SQL Serverの新規スタンドアロンインストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加]を選択
  • インストールルールで、Windows ファイアウォールに警告が出る
    → 後で調査・設定することとし続行
  • 機能の選択では最低限の機能に絞り込む
    • データベースエンジンサービスとクライアントツール接続の2つ
    • インスタンスルートディレクトリ、共通機能ディレクトリをDドライブに指定したらエラー(デフォルトのCドライブに入れる)
  • インスタンスの構成では[既定のインスタンス]にチェック
  • データベース エンジンの構成では、[混合モード(SQL Server認証とWindows認証)]をチェック、パスワードを設定

Windows 10にSSMS(SQL Server Management Studio)をインストール

  • インストーラーを実行
  • インストール場所を聞かれる

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)