プロジェクト

全般

プロフィール

OpenSUSE

はじめに

Windows Subsystem for Linux に、OpenSUSE LEAP15をインストールして利用する際の設定・操作メモです。

管理操作

パッケージの更新

パッケージ・リポジトリの操作

  • リポジトリ情報の更新

zypper refresh

  • 使いたいコマンドが含まれるパッケージを検索

cnf <コマンド>

  • パッケージのインストール

zypper install <パッケージ>

  • インストール済みパッケージの一覧

直接リストするコマンドがないので、検索コマンドでインストール済みのみ表示するオプションを指定する
zypper search -i

設定の記録

Redmineプラグイン開発用のOpenSUSE

bash設定

プロンプトを簡潔に、gitブランチ名表示をします。

gitブランチ名の表示に必要な設定は次をダウンロードし、先頭にピリオドを付けてホームディレクトリに保存しておきます。

https://github.com/git/git/raw/master/contrib/completion/git-completion.bash
https://github.com/git/git/raw/master/contrib/completion/git-prompt.sh

次にOpenSUSEが定義する環境変数NAMEとVERSIONがRAILSのコマンドと干渉するため無効化します。

  • ~/.bashrc
    PS1="\W\[\033[36m\]\$(__git_ps1)\[\033[00m\]\$ " 
    if [ -f ~/.git-completion.bash ]; then
            . ~/.git-completion.bash
    fi
    if [ -f ~/.git-prompt.sh ]; then
            . ~/.git-prompt.sh
    fi
    export GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=1
    export GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=1
    export GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=1
    export GIT_PS1_SHOWUPSTREAM="auto" 
    + unset NAME VERSION
    

Redmineソースコードのクローン作成

~> mkdir redmine
redmine$ git clone https://github.com/redmine/redmine.git redmine-trunk
  :
redmine$ cd redmine-trunk
redmine$ cd redmine-trunk
redmine-trunk$ 

Redmine動作設定

データベースをSQLite3使用に設定

  • config/database.yml
    production:
      adapter: sqlite3
      database: db/redmine.sqlite3
    
    development:
      adapter: sqlite3
      database: db/redmine.sqlite3
    

zypper install sqlite3-devel
zypper install ruby2.5-devel
zypper install zlib-devel
zypper install ruby2.5-ruby-gem-bundler

zypper install libxslt1
zypper install timezone

セッション秘密鍵生成

bundle exec rails generate_secret_token

データベース初期化

bundle exec rails db:migrate

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)