プロジェクト

全般

プロフィール

NetBeans ルック・アンド・フィールとカラースキームとフォント(Windows)

ねこび~ん

Windows上でNetBeansを動かすと、外観部分にいくつか手を入れたくなる点があります。

たとえば、MSゴシック、MS明朝が使われ、埋め込みビットマップフォントで描かれるので汚く見えるとか、背景が白基調で輝度が高く長時間プログラミングすると目に負担がかかるなどです。また、お気に入りの画像を背景に表示するとプログラミングが通常の3倍捗るという人もいるかと思います。

そこで、全体をアウトラインフォントにする、背景を暗い色基調にして目にやさしくする、背景に画像を表示する、といった設定を行います。

ルック・アンド・フィールとフォント

デフォルトのルック・アンド・フィールとフォント

Windows 7 OS上へNetBeansをインストールして起動したときの表示を次の画面に示します(画面をクリックすると拡大表示します)。

default_appearance-1.png (Windows上でNetBeansを起動したときのデフォルトのフォント使い)

NetBeansは、Javaで記述されたアプリケーションプログラムで、GUIにはSwingが使われています。Windows上でNetBeansを実行したときのSwingのデフォルト・ルック・アンド・フィールはWindows Look and Feelが使われます。

Windows 7の設定で「ウィンドウの色とデザイン」からメニューなどをメイリオに設定することで、NetBeansのメニュー表示(上記画面キャプチャの青枠部分)は「メイリオ」フォントで表示されますが、それ以外のほとんどの箇所(上記画面キャプチャの赤枠部分)では「MS ゴシック」フォントと一部「MS 明朝」フォントが使われています。メイリオフォントはアンチエイリアスが効いてギザギザが目立ちませんが、MS ゴシック/MS 明朝フォントはアンチエイリアスが効かずギザギザな表示となっており、ボールド体(太字)については悲惨な表示になっています。

同じTrueTypeフォントにもかかわらず、「メイリオ」フォントがアンチエイリアス表示となり、「MS ゴシック」や「MS 明朝」フォントはアンチエイリアス表示となりません。その理由は、「MS ゴシック」と「MS 明朝」フォントには埋め込みビットマップフォントが含まれていて、表示する文字の大きさが8ポイント~16ポイントの場合TrueTypeフォント(アウトライン)データではなく埋め込みビットマップフォントデータを使って表示され、ビットマップフォントはアンチエイリアスが効かないためです。

Nimbusルック・アンド・フィールとフォント

ルック・アンド・フィールを変更するとフォント設定もそれに合わせて変化します。そこで、ルック・アンド・フィールを変えてみることにします。

[ツール]メニュー > [オプション] で「オプション」ダイアログを開き、[外観]ボタンを押し、[ルック・アンド・フィール]タブを選択します。

option_lookandfeel-1.png (オプション 外観 ルックアンドフィールの設定)

[優先ルック・アンド・フィール]ドロップダウンリストから、[Nimbus]を選択します。

NetBeansを再起動すると、Nimbusルック・アンド・フィールで起動します。次の画面に示します。

default_appearance-2.png (Nimbusルックアンドフィールを指定して起動)

プロジェクトペイン、ナビゲータペインやタブにおいて、英字フォントはアウトライン表示されるようになりましたが、こんどはメニューを含めてほかはビットマップ表示されています。先ほどのWindowsルック・アンド・フィールは、メニュー表示のフォントをOSの設定から取得してくるので、OS側の設定でメニュー表示フォントをメイリオに設定しておくとメイリオが使用されました。Nimbusルック・アンド・フィールはOSの設定は使わないため、Windows版のJava SEのフォント設定(MS ゴシック)が使用されています。

なお、フォントが汚いのは、あくまでMSゴシックとWindows OSの問題なので、以後はフォントを変えることにします。

NetBeansを動かすJavaVMのフォント設定を変更する

冒頭に述べたように、NetBeansはJavaで作られたアプリケーションで、GUIはSwingを使っています。Windows版のJava SEでは、デフォルトのフォント設定にMSゴシックやMS明朝が指定されています。
これを別なフォント(例えばメイリオ)に変更することでフォントの見栄えをよくします。

フォント設定は、JDKの場合、%JAVA_HOM%\jre\lib\fontconfig.properties、JREの場合、%JRE_HOME%lib\fontconfig.propertiesに記述します。
例)C:\Program Files\Java\jdk1.8.0\jre\lib\fontconfig.properties

デフォルトの設定は、fontconfig.properties.srcに書かれているので、これをfontconfig.propertiesに変更し修正します。
修正内容は次に示します。

fontconfig.properties.srcからの修正点を

修正のポイントは次のとおりです。

  • MSゴシックをメイリオUIフォントに変更
  • MS明朝をIPAex明朝1に変更
  • Courier NewをConsolasに変更
    • 等幅(monospaced)の表示設定では英字をConsolasで、日本語をメイリオUIで表示させるために優先順位を変更
  • メイリオUI、Consolas、IPAex明朝のフォントファイルを指定

この設定後、NetBeansを起動すると次の画面になります。

fontmodified_nimbus_appearance-1.png (フォント設定後のNimbusルックアンドフィール)

1 IPAex明朝はWindows に標準搭載されていないので別途IPAexフォントダウンロードページ から入手しインストールします。

Javaのフォント設定ファイルサンプル

以下に、Windows版Java SEのデフォルトフォント設定から変更したものをいくつか用意しました。
<JDKインストールディレクトリ>\jre\lib\ ディレクトリの下にfontconfig.propertiesのファイル名で保存してください。

  • fontconfig.properties.meiryoui_consolas
    MS ゴシックの替わりにMeiryo UIを、等幅にCourier Newの替わりにConsolasを使用、等幅では英語フォントを優先するように変更したファイルです。
  • fontconfig.properties.meiryoui_consolas_ipaexmimcho
    MS ゴシックの替わりにMeiryo UIを、MS 明朝の替わりにIPAex明朝、等幅にCourier Newの替わりにConsolasを使用、等幅では英語フォントを優先するように変更したファイルです。
  • fontconfig.properties.yugothicui_yumincho_consolas
    MS ゴシックの替わりに游ゴシック UIを、MS 明朝の替わりに游明朝、等幅にCourier Newの替わりにConsolasを使用、等幅では英語フォントを優先するように変更したファイルです。

Windows 10で游ゴシックおよび游明朝を設定してみた

Windows 10にJDK 8u60を入れて、NetBeans 8.1 RC2をDarkテーマプラグイン(Dark Nimbus)で立ち上げた際のフォント設定とその画面を次に示します。

  • 和文に、Yu GothicとYu Mincho
    行間があいてしまってプログラミングには不向きです。

consolas_yugothic_yumincho-1.png (欧文をConsolas、和文を游ゴシックと游明朝で)

  • 和文に、Yu Gothic UIとYu Mincho
    まずまずな感じです。

consolas_yugothicui_yumincho-1.png (欧文をConsolas、和文を游ゴシックUIと游明朝で)

現在、游ゴシックおよび游明朝がWindows 7、8向けにダウンロード提供されていますので、Windows 7以上であれば游ゴシックおよび游明朝を使う設定が可能です。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49114

ダークテーマへの変更

長時間ディスプレイ作業をする場合、デフォルトのテーマである白ベースの表示よりも、暗色ベースの表示の方が目が疲れにくいかもしれません。
NetBeansの標準プラグインサイトには、2つのダーク系ルックアンドフィールが提供されています。

  • Dark Look And Feel Themes
  • Darcula LAF for NetBeans

Dark Look And Feel Themes

NetBeansの全体を暗い背景とするためのプラグイン「Dark Look And Feel Themes」が用意されています。
[ツール]メニュー > [プラグイン]を実行し、「プラグイン」ダイアログを表示し、[使用可能なプラグイン]タブを選択します。
リストの中に、"Dark Look And Feel Themes"を見つけ、チェックを付けます。次の画面に示します。

plugin_darklaft-1.png (プラグインでDark Look And Feel Themeを選択しチェックを付けた)

[インストール]ボタンを押すとプラグインのインストールが始まります。
インストールが完了するとIDEを再起動するか選択を聞かれるので、ここでは再起動をします。

dark_plugin_appearance-1.png (Dark Look And Feel Themeプラグインを入れて再起動後の画面(Dark Metal))

このルックアンドフィールは、Dark Metalと呼ばれるものです。Dark Look And Feel Themesプラグインには2つのルックアンドフィールが格納されています。一つがDark Metalで、もう一つはDark Nimbusです。Dark Nimbusに切り替える場合は、[ツール]メニュー > [オプション] > [外観]ボタン > [ルック・アンド・フィール]タブを選択し、優先ルック・アンド・フィールから"Dark Nimbus"を選択します。

option_lookandfeel-2.png (Dark Look And Feel Themesプラグインを入れた後のルックアンドフィール選択)

Dark Nimbusルックアンドフィールを選択し再起動すると反映されます。次に画面を示します。

dark_plugin_appearance-2.png (Dark Look And Feel Themeプラグインを入れて再起動後の画面(Dark Nimbus))

注)Nimbusルック・アンド・フィールのスクロールバーのバグ

JDK 8u60で入り込んだバグで、スクロールバーのノブが消失する現象があります。Dark Nimbusルック・アンド・フィールにしたときに、このバグに影響されることがあります。

JDK 8u66以降でFixされています。

Darcula LAF for NetBeans

Javaの商用統合開発環境IntelliJ IDEAのダークテーマに似せたDarcula LAF for NetBeansがプラグインとして公開されています。
[ツール]メニュー > [プラグイン]を実行し、「プラグイン」ダイアログを表示し、[使用可能なプラグイン]タブを選択します。
リストの中に、"Darcula LAF for NetBeans"を見つけ、チェックを付けます。

Dark Look and Feelは青みがありますが、Darculaはほぼ黒系です。

darcula_plugin_appearance-1.png

  • エディタペインの背景画像は口述のitaeditorプラグインを使って表示させています。

背景に画像を表示する

NetBeansの編集パネルの背景に画像を表示するプラグイン「ItaEditor」があります。
http://wintermaples.hateblo.jp/entry/2016/02/14/042710

上述ページからnbmファイルをダウンロードします。2016-2-17時点ではwintermaples-itaeditor-1.1.2.nbmとなります。
[ツール]メニュー > [プラグイン] > [ダウンロード済]タブ > [プラグインの追加]ボタンでこのファイルを選択し、インストール欄にチェックが付いているのを確認し[インストール]ボタンを押します。

インストールが完了したら、[ツール]メニュー > [オプション] > [外観] > [背景画像]タブを選択します。

plugin_itaeditor-setting-2.png (ItaEditorプラグイン設定画面)

背景画像URIに、画像ファイルへのパスをURI形式で記述します。
Windows OSの場合、ファイルへのパスは、file:/C:/Users/torutk/Pictures/PowerToolsRender_small.png のように記述します。

画像

Javaのマスコットキャラクター「Duke」
https://duke.kenai.com/

ja.NetBeans.orgのマスコットキャラクター「ねこび~ん」
https://ja.netbeans.org/nekobean/

トラブルシュート

ItaEditorプラグインをインストールした後にDarcula LAF for NetBeansプラグインを入れたときに、設定画面の背景色がDarculaとは違って白地になることがありました。先にDarculaをインストールした後にItaEditorを入れたときは問題なく表示できていました。

default_appearance-1.png 表示 - Windows上でNetBeansを起動したときのデフォルトのフォント使い (131 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 00:35

default_appearance-2.png 表示 - Nimbusルックアンドフィールを指定して起動 (124 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 00:53

fontmodified_nimbus_appearance-1.png 表示 - フォント設定後のNimbusルックアンドフィール (137 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 02:40

option_lookandfeel-1.png 表示 - オプション 外観 ルックアンドフィールの設定 (41.5 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 02:41

plugin_darklaft-1.png 表示 - プラグインでDark Look And Feel Themeを選択しチェックを付けた (99.5 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 02:58

dark_plugin_appearance-1.png 表示 - Dark Look And Feel Themeプラグインを入れて再起動後の画面(Dark Metal) (145 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 02:58

option_lookandfeel-2.png 表示 - Dark Look And Feel Themesプラグインを入れた後のルックアンドフィール選択 (54.5 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 02:58

dark_plugin_appearance-2.png 表示 - Dark Look And Feel Themeプラグインを入れて再起動後の画面(Dark Nimbus) (163 KB) 高橋 徹, 2014/03/06 02:58

fontconfig.properties.meiryoui_consolas_ipaexmimcho - jdk8u11のfontconfig.properties.srcを変更(Meiryo UI、Consolas) (10.4 KB) 高橋 徹, 2014/07/29 21:07

fontconfig.properties.meiryoui_consolas - jdk8u11のfontconfig.properties.srcを変更(Meiryo UI、Consolas、IPAex明朝) (10.4 KB) 高橋 徹, 2014/07/29 21:07

consolas_yugothic_yumincho-1.png 表示 - 欧文をConsolas、和文を游ゴシックと游明朝で (164 KB) 高橋 徹, 2015/10/18 12:19

consolas_yugothicui_yumincho-1.png 表示 - 欧文をConsolas、和文を游ゴシックUIと游明朝で (174 KB) 高橋 徹, 2015/10/18 12:31

fontconfig.properties.yugothicui_yumincho_consolas - jdk8u60のfontconfig.properties.srcを変更(游ゴシックUI、Consolas、游明朝) (10.5 KB) 高橋 徹, 2015/10/18 13:03

darcula_plugin_appearance-1.png 表示 (328 KB) 高橋 徹, 2016/04/02 12:25

plugin_itaeditor-setting-2.png 表示 - ItaEditorプラグイン設定画面 (37 KB) 高橋 徹, 2016/06/12 04:58

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)