プロジェクト

全般

プロフィール

NetBeans キーバインド

キーマップのプロファイル

NetBeansでは、キーバインド設定の定義を束ねたキーマップのプロファイルがいくつか用意されています。
デフォルトでは[NetBeans]が設定され、選択肢として次のプロファイルが用意されています。

  • Eclipse
  • Emacs
  • Ide
  • NetBeans
  • NetBeans 5.5

また、プラグインとして追加のプロファイルを使用することもできます。

  • More Emacs

More Emacsプラグイン

NetBeans IDEには標準でEmacsキーバインドが用意されているので、Emacs使いがNetBeans IDEを使う際はキーバインドをデフォルトからEmacsに変更することで、手に馴染んだエディタ操作が可能です。しかし、残念なことにNetBeans IDEが標準で用意するEmacsキーバインドには、Emacsの機能で多用するset-mark機能がありません。Emacs使いにとってこれは、特にテキストの一部(複数行)をカット(またはコピー)して別の場所にペーストするという編集操作に大きな支障となり、使い勝手が悪くなっていました。「set-markができないからNetBeansは使わない」という声もあるほどです。

そのような現状に、新たなEmacsキーバインドを提供するプラグインMoreEmacsが登場しました。

NetBeans 8.1のプラグインサイトに登録されているので、NetBeans 8.1以降であれば、[ツール]メニュー > [プラグイン] > [使用可能なプラグイン]タブ で一覧の中に「MoreEmacs」があります。これをチェックして[インストール]ボタンでインストールされます。

インストール後、再起動を促されるので、再起動してからキーマップでプロファイルをMoreEmacsに変更します。

キーバインドの設定方法

プロファイルの設定

[ツール]メニュー > [オプション]で「オプション」ダイアログを開き、[キーマップ]ボタンをクリックします。

プロファイル欄のドロップダウンリストを開くと([▼]をクリック)、キーマップの種類の選択肢が表示されます。

option_keymap-1.png (キーマップの選択)

NetBeans IDE 8.2のデフォルトでは、Eclipse、Emacs、Idea、 NetBeans、NetBeans 5.5が用意されています。

アクションへのショートカット設定

キーマップでアクション一覧の各アクションにショートカットを設定(変更)することができます。
対象アクションのショートカット欄の右端にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップメニューから[編集](複数のショートカットを割り当てる場合は、[代替の追加])をクリックします。
ショートカット欄にカーソルが現れるので、割り当てたいキーをタイプします。Ctrl-L ならば、[Ctrl]キーを押したまま[L]キーを押します。ショートカット欄に、Ctrl+Lが自動で入力されます。
カーソルキー、マウスホイール、Enterキー、TABキーをショートカットに割り当てたいときは、ショートカット欄にカーソルが現れた状態で、ショートカット欄の右端にある[▼]ボタンを押し、表示されたポップアップウィンドウ上のキーをクリックします(画面は次)。

shortcut_assign-1.png (特殊キーのアサイン)

設定メモ

エディタ

テキストを拡大・縮小

エディタのテキスト(フォント)を大きく、または小さくする操作をキーバインドにマッピングします。
プレゼンテーション時に重宝します。

「オプション」ダイアログのキーマップで、次のアクションにショートカットを割り当てます。

  • テキストを縮小
  • テキストを拡大

Emacsキーバインドであれば、Emacs同様に、Ctrl+C Ctrl+MINUS、Ctrl+C Ctrl+Shift+SEMICOLONあたりにします。
※ JIS配列キーボードでは、[+]キーが[;]キーと同じ場所に割付られ、Shiftキーで[+]となります

option_keymap-1.png 表示 - キーマップの選択 (108 KB) 高橋 徹, 2014/03/21 11:07

shortcut_assign-1.png 表示 - 特殊キーのアサイン (128 KB) 高橋 徹, 2017/04/20 06:35

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)