プロジェクト

全般

プロフィール

MW JP1

国産の運用管理ミドルウェア JP1 の情報収集メモ。

製品構成など

製品名 製品種類 ライセンス種類
JP1/Base JP1管理基盤 インストール
JP1/Audit Management - Manager 監査証跡管理 管理数
JP1/Performance Management
JP1/Network Node Manager i
JP1/IT Desktop Management 2
JP1/秘文
JP1/Integrated Management Manager

ライセンス種類

  • インストールライセンス
    1つの装置(仮想環境)で1つのライセンス
  • 管理数ライセンス
    管理対象サーバ数に応じたライセンス

要件別

稼動監視

プロセス、サービス等の稼動情報を監視(死活監視)

JP1/Performance Management

仮想化ソフトウェア、OS、ミドルウェア、アプリケーションの稼動状況を監視

ネットワーク管理

JP1/Network Node Manager i

  • SNMPでネットワーク上のノードを検出し自動的にトポロジマップ作成

統合コンソール(集中監視)

JP1/Integrated Management Manager

システム内で発生する様々な事象(イベント)を集中監視

  • OSログ(Windowsイベントログ、UNIX syslog)
  • 任意のアプリケーションログ
  • イベントコンソールにログを揃えて表示
  • イベント受信時に自動アクション(コマンド自動実行)
  • 監視対象サーバでのイベント発生を契機に監視対象サーバ側でコマンド自動実行

機器情報管理

JP1/IT Desktop Management 2

ハードウェア情報、ソフトウェア情報、セキュリティ情報などを自動収集し管理

  • 機器にインストールされているソフトウェア
  • 機器のセキュリティ対策状況
  • 禁止操作、操作ログの設定
  • ソフトウェアの配布・インストール

セキュリティ管理(漏洩防止)

JP1/秘文

  • スマートフォンやUSBメモリの利用を制御
  • ドライブ/メディアの暗号化
  • ファイルの閲覧禁止(IRM)

監査証跡

JP1/Audit

  • システムの操作履歴、変更管理などのログ(監査証跡)をサーバから自動的に収集し、一元管理
    • 変更管理
      システム構成の変更、定義の変更(環境設定や定義ファイル)、業務処理の変更
    • 権限管理
      ユーザIDやユーザ権限、ログイン情報、パスワードの変更、ユーザの操作履歴
    • オペレーション管理
      スケジュールの変更、ジョブなどの実行
    • 収集対象ログ
      JP1製品群のログ、Oracle、OSログ(UNIXシステムログ、Windowsイベントログ)
      • Windowsイベントログ
        ログオンの成功・失敗、ユーザアカウントの作成・変更・削除、セキュリティに関する情報
      • 定義ファイルを作成すれば他のプログラムが出力する監査ログも収集
        JP1/Audit Management - Manager が監査ログ管理データベースを管理
  • ログ(監査証跡)は監査ログ閲覧サーバに一定期間ごとに分割し保管
  • ログ(監査証跡)の改ざん検知
  • 検索、集計結果をCSV形式出力
  • 監査ログ収集対象サーバの監査ログ、Windowsイベントログに出力される監査ログ、UNIXシステムログは自動的に監査ログ専用イベントサーバのイベントデータベースに格納

共通/基盤

JP1/Base

  • ログファイルトラップ機能
    アプリケーションプログラムからファイルに出力されるログをJP1イベントに変換し、イベントデータベースに格納
  • イベントログトラップ機能
    WindowsイベントログをJP1イベントに変換。(成功の監査、失敗の監査も対象可能)

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)