プロジェクト

全般

プロフィール

LinuxでexFATを使用

exFATは、Microsoftが作成した主にフラッシュドライブ向けのプロプラエタリなファイルシステムです。NTFSやFAT32よりも高速で、4GB以上のファイルにも対応しています。

LinuxでexFATを扱う実装が作られています。次のURLでソースコードが公開されています。
http://code.google.com/p/exfat/

Red Hat Enterprise Linux 6(CentOS 6)でexFATを使用する

次のRPMリポジトリ・サイトでFedora、RHEL用のexFATパッケージが提供されています。
http://rpmfusion.org/

RHEL6(CentOS 6)向けのRPMパッケージをダウンロードします。
EL 6 updates x86_64のリンクをたどり、system environment/baseをたどり、exfat-utilsとfuse-exfatの2つのRPMをダウンロードします。

  • exfat-utils-1.0.1-1.el6.x86_64.rpm
  • fuse-exfat-1.0.1-1.el6.x86_64.rpm

これらをインストールします。

使用方法は、

# mount -t exfat /dev/disk/by-id/xxxx /mnt
  • xxxx は、USBメモリ挿入時に生成されるUSBメモリ機種固有のデバイスファイル名に置き換えます。

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)