プロジェクト

全般

プロフィール

LinuxでWindows共有ファイルをマウント

Windows共有ファイルサーバーのディスクをLinuxからマウントして使用する方法です。

samba-clientパッケージをインストールしておきます。

マウントをコマンドで実行

コマンドラインでユーザー名、パスワードを指定

# mount -t cifs -o username=torutk,password=zzzz,uid=shareuser,pid=sharegroup,file_mode=0755,dir_mode=0755 //192.168.1.13/share1 /mnt/winshare

オプションの指定は次のとおりです。

  • username: 共有ファイルへアクセスするユーザー名
  • password: 共有ファイルへアクセスするユーザーのパスワード
  • uid: マウントポイントのuid
  • gid: マウントポイントのgid
  • file_mode: マウントしたファイルのパーミッション
  • dir_mode: マウントしたディレクトリのパーミッション

ユーザー名、パスワードを記載したファイルをコマンドラインで指定

コマンドラインでユーザー名、パスワードを指定するのはセキュリティ的に問題になりえるので、別途ユーザー情報を記載したファイルを指定します。

/etc/winshare1.cred

username=hoge
password=fuga

このファイルはパーミッションを0400などにしておきます。

# mount -t cifs -o credentials=/etc/winshare1.cred,uid=shareuser,pid=sharegroup,file_mode=0755,dir_mode=0755 //192.168.1.13/share1 /mnt/winshare

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)