プロジェクト

全般

プロフィール

Kotlin開発環境

コマンドライン環境

コマンドラインコンパイラ・実行ツール

コマンドラインのコンパイラ・実行ツールが次のURL(Github)で公開されています。

https://github.com/JetBrains/kotlin/releases/latest

UNIX系OS(bashスクリプト)とWindows OS(バッチファイル)のコマンドおよびJavaバイトコード群が含まれています。JDK 6~8上で実行します。
上述URLからアーカイブファイル*1をダウンロードし解凍・展開します。
コンパイルはkotlinc、実行はkotlinのコマンドです。

Windows 10でコマンドライン環境を使う

GithubからKotlinのコマンドラインコンパイラ・実行ツールをダウンロードします。
kotlin-compiler-1.2.10.zip

zipを展開します。(例:C:\tools の下に展開)

C:\tools
  +-- kotlinc
        +-- bin/
        +-- lib/
        +-- license/
        +-- build.txt

binディレクトリの下に、Windows上で実行可能な次のコマンド(バッチファイル)があります。

コマンド 用途
kotlin.bat 実行
kotlinc.bat コンパイル
kotlinc-js.bat
kotlinc-jvm.bat
kotlin-dce-js.bat

kotlinコマンドはJava上で実行するので、kotlinコマンドを実行するコマンドライン環境(コマンドプロンプト等)では、java.exeへのパスとkotlinコマンドへのパスの2つを設定します。

  • java.exeへのパス
    2つの方法があります。1つ目は、環境変数JAVA_HOMEに、JDK(JRE)の基点ディレクトリを設定する方法です。2つ目は、環境変数PATHに、JDK(JRE)のbinディレクトリを設定する方法です。環境変数JAVA_HOMEが定義されていればそちらのjavaが優先されます。
  • kotlinコマンドへのパス
    上述でkotlinコマンドライン開発環境を展開した中のbinディレクトリを環境変数PATHに設定します。

例えば、C:\tool\kotlinc に展開したとすると、環境変数JAVA_HOMEと環境変数PATHに次のように設定します。

C:\work> set JAVA_HOME="C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_152" 
C:\work> set PATH=C:\tools\kotlinc\bin;%PATH%
C:\work>

注)kotlinコマンドは、環境変数JAVA_HOMEが定義されていればその中のjava.exeを使用し、定義されていなければ環境変数PATHに従ってjava.exeを使用します。複数のJavaバージョンがインストールされているとき、最新のjava.exeが最初に見つかると思われますので、現バージョンのkotlinが対応していないJDK 9(JRE 9)がインストールされているマシンではJDK 9のjava.exeを使用します。ですので、環境変数JAVA_HOMEを定義するのがベターでしょう。

Gradle

Gradle 3.0以降でKotlinに対応しています。

  • プロジェクト用ディレクトリを作成する
  • gradle init を実行する
    gradle init --type java-application または gradle init --type java-library でもよい
  • build.gradleを編集する
buildscript {
    ext.kotlin_version = '1.2.10'

    repositories {
        jcenter()
    }

    dependencies {
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version" 
    }
}

apply plugin: 'kotlin'
apply plugin: 'application'

mainClassName = 'HelloWorldKt'

defaultTasks 'run'

repositories {
    jcenter()
}

dependencies {
    compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:$kotlin_version" 
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    testCompile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-test-junit:$kotlin_version" 
}

task wrapper(type: Wrapper) {
    gradleVersion = "4.4" 
}
  • src/main/kotlin/HelloWorld.kt を作成する
  • gradleを実行する

注)JDK 8のjavaが実行できる環境としておく(PATH等の設定)

IDE(統合開発環境)

Kotlinの統合開発環境としては、Kotlin開発元であるJetBrains製のIntelliJ IDEAと、IntelliJ IDEAをベースにAnrdoid開発環境をパッケージングしたAndroid Studioが楽でしょう(2018-01時点)。
IntelliJ IDEAであれば無償のCommunity EditionでもKotlinの開発機能が含まれています。Android用に作る必要がなければIntelliJ IDEA Community Editionがインストールサイズも小さく手ごろかと思います。Androidでも動かしてみたいならAndroid Studioになります。

IntelliJ IDEA Community Edition

無償で入手・利用でき、商用製品開発に制限もありません。Kotlinの開発機能も標準搭載しています。

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)