プロジェクト

全般

プロフィール

JavaOne

JavaOneとは

JavaOneについて

  • Java技術の開発元であるSun Microsystems(現Oracle)が主催
  • 提供コンテンツ
    • キーノートスピーチ
    • セッション
      1日100セッション(同時並行で最大10)
    • 企業の出展
    • パーティ
    • ライブ演奏

JavaOneに参加するメリット

JavaOneでは、Javaプラットフォーム全体について、その時点での最新の状況や、今後のロードマップといった情報がひとまとめで公開される。

  • 講師はJava技術自体の仕様策定者/開発者なので、深い情報が得られる
  • セッション数が500とこれだけの教育/研修コースは世の中に存在しない
    例)トラブルシューティング、パフォーマンス調整 *

日本で開催されるJava技術イベントではだめなの?

  • JavaOne 2001 Japan : セッション数71, BOF数32, 参加者数のべ7000人
  • JavaOne 2001 SF : セッション数500、参加者数のべ25000人
  • JavaOne 2005 Japan :
  • JavaOne 2012 Tokyo : セッション数65(BOF含む), 参加者数1000~2000人?
  • JavaOne 2012 SF : Oracle Openworldと合わせて参加者数のべ50000人

日本で開催されるJavaOneのセッションは、米国JavaOneの10分の1に過ぎない。そのため、日本で受けの良さそうなWeb関連技術を中心に選別される傾向があるため、アプリケーションのビルド/配置、チューニング、トラブルシューティングに関する情報、特定分野の情報を得ることが難しい。

JavaOne個別情報

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)