プロジェクト

全般

プロフィール

JavaFX Hello

JDK 8でJavaFX Hello world

JDK 8で、JavaFX GUIライブラリを使ってHello worldメッセージを表示します。
FXMLもCSSも使いません。

本ソースコードは、 source:learn/java/javafx/HelloJavaFx に格納しています。

第一歩)白紙のウィンドウを表示する

まずは白紙のウィンドウを表示させる、GUIプログラムとしての最小限度のプログラムを作成します。

  • JavaFXアプリケーションでは、javafx.application.Applicationクラスのサブクラスを設けます。Applicationクラスは、抽象メソッドstartを持つ抽象クラスなので、必ずstartメソッドをオーバーライドします。
    public class HelloJavaFx extends Application {
        @Override
        public void start(Stage primaryStage) {
            primaryStage.show();
        }
    }
    
    • startメソッドの引数primaryStageは、デスクトップに表示するトップレベルウィンドウで、JavaFX側で生成します。デフォルトでは非表示なので、ウィンドウを表示するにはshowメソッドを呼びます。

第二歩)ウィンドウタイトルを指定する

  • startメソッドの中でprimaryStagesetTitleメソッドを呼びタイトル文字列を指定します。
         @Override
         public void start(Stage primaryStage) {
    +        primaryStage.setTitle("HelloJavaFx");
             primaryStage.show();
         }
    

第三歩)ウィンドウ内に文字列を表示する

  • シーングラフを構築し、文字列を表示する際にLabelを、シーングラフの頂点はGroupを使います。
         public void start(Stage stage) {
    +        Group root = new Group();
    +        Label helloLabel = new Label("Hello, JavaFX world");
    +        root.getChildren().add(helloLabel);
    +
    +        Scene scene = new Scene(root);
    +        stage.setScene(scene);
             stage.setTitle("HelloJavaFx");
             stage.show();
         }
    

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)