プロジェクト

全般

プロフィール

JDK 9セットアップ

Java SE 9仕様の開発環境JDK(Java Development Kit)です。

開発者用にJDK 9をインストールしセットアップする手順を記述します。
なお、説明はJDK 9.0.4で記述していますので、適宜最新版に読み替えてください。

入手

Java SEダウンロードページ より無償で入手可能です。Windows版、MacOS版、SPARC Solaris版およびLinux版の64bit用バイナリとドキュメントが提供されています。

32bit版はどうなったの?

JDK 9のプレビュー版までは32bit OS用が用意されていました。ソースコードからビルドすれば32bit版も作れますが、Oracle社から公式にリリースされるJDKは64bit版に限られています。

なお、Azul社がOpenJDKを独自にビルドしたJDK 9バイナリを提供しています。こちらには32bit版が用意されています。
https://www.azul.com/downloads/zulu/

Windows 64bit用の入手ファイル

上述Java SEダウンロードページから、Java SE 9.0.4のJDK [DOWNLOAD]ボタンをクリックし、Java SE Development Kit 9 Downloadsページへ辿ります。

  • jdk-9.0.4_windows-x64_bin.exe
    Java SE Development Kit 9 の Windows x64用のダウンロード(Windowsインストーラ形式)

Java SEドキュメント

JDK 9ドキュメントのホーム

https://docs.oracle.com/javase/9/
日本語は次のURL
https://docs.oracle.com/javase/jp/9/

Java SE 9 APIドキュメントの入手(OSによらず共通)

Java SE 9 APIドキュメントは常時インターネット接続環境でそこそこの速度が得られるならば、ローカルにダウンロードせずにオンラインで参照できます。しかし、モバイル環境やインターネットと切り離されたネットワーク環境ではローカルに展開して参照したいことがあります。

上述Java SEダウンロードページから、Java SE 9 Documentationの脇の[DOWNLOAD]ボタンをクリックし、Java SE Development Kit 9 Documentationページへ辿ります。

  • jdk-9.0.4_doc-all.zip
    Java SE Development Kit 9 Documentationのダウンロードファイルです(zipアーカイブ形式)。なお、JavaFX APIのドキュメントも含まれています。
Java SE 9 APIドキュメントの日本語版

日本語ドキュメントを、Java SE 日本語ドキュメントアーカイブ からダウンロードします。
Java Platform Standard Edition 9 をクリックすると次のファイルがダウンロードされます。

  • 9.zip

インストール

Windows 64bitへのインストール

Java SE Development Kit 9.0.4 のインストール

ダウンロードしたWindowsインストーラ形式(64bit用)をダブルクリックして実行します。
ウィザードが起動するので、順次進めていきます。

jdk904_installer-01.png (JDK 9.0.4 Windows版インストーラー)

次はインストールする機能の選択とインストール先の確認画面です。
インストールする機能は、開発ツール(必須)、ソースコード(選択)、パブリックJRE(選択)があり、デフォルトではすべてがインストールされます。ここではデフォルトのまますべてをインストールします。なお、最低限開発ツールだけをインストールすればJavaのビルドと実行が可能です。ソースコードは、公開されるAPIのパッケージに含まれるソースファイルです。APIドキュメントでは判然としない細部を確認するときに重宝します。パブリックJREは、JDKのディレクトリとは別な場所にインストールされる、Javaの実行環境(いわゆるランタイム)です。

インストール先のデフォルトはC:\Program Files\Java\jdk-9.0.4\となっており、変更が可能です。ここでは、デフォルトのままインストールします。開発要件で複数のJDK 9アップデートを使い分けるときに便利だからです。

jdk904_installer-02.png (JDK 9.0.4 Windows版インストーラー(インストール先変更))

インストールが開始されると進捗バーが表示されます。

jdk904_installer-03.png (JDK 9.0.4 Windows版インストーラー(進捗バー))

パブリックJREをインストールする場合、次のインストール先変更画面が表示されます。パブリックJREのインストール先のデフォルトはC:\Program Files\Java\jre-9.0.4\となっています。ここではデフォルトのままインストールします。ブラウザでJavaコンテンツを有効にするのチェックは、JavaアプレットやJava Web Start(要確認)をブラウザ上から実行する場合に必要とします。

jdk904_installer-04.png (JDK 9.0.4 Windows版インストーラー(JREインストール先変更))

パブリックJREのインストールが開始され進捗バーが表示されます。

jdk904_installer-05.png (JDK 9.0.4 Windows版インストーラー(JREインストール進捗バー))

インストールが完了すると次の画面が表示されます。

jdk904_installer-06.png (JDK 9.0.4 Windows版インストーラー(完了))

ここで、[次のステップ]をクリックすると、ブラウザ上にOracle JDK 9 Documentationページ(英語)が表示されます。日本語ページも提供されています。その日本語ページのURLは次となります。
https://docs.oracle.com/javase/jp/9/

セットアップ

Java SE Development Kit 9 に含まれるJava SE 9の標準ライブラリ(JavaFXを含む)のソースコードを展開

Java SE Development Kit 9をインストールすると、Java SE標準ライブラリのソースコード(JavaFXを含む)のソースコードがアーカイブされたファイルとしてインストール先ディレクトリの下のlibディレクトリ下に置かれます。

<JDKインストールディレクトリ>
  +-- lib\
        +-- src.zip

アーカイブファイルの内容(ディレクトリ)は次のようになっています。

  • src.zip
    java.activation
    java.base
    java.compiler
    java.corba
    java.datatransfer
    java.desktop
    java.instrument
    java.logging
    java.management
    java.management.rmi
    java.naming
    java.prefs
    java.rmi
    java.scripting
    java.se
    java.se.ee
    java.security.jgss
    java.security.sasl
    java.smartcardio
    java.sql
    java.sql.rowset
    java.transaction
    java.xml
    java.xml.bind
    java.xml.crypto
    java.xml.ws
    java.xml.ws.annotation
    javafx.base
    javafx.controls
    javafx.fxml
    javafx.graphics
    javafx.media
    javafx.swing
    javafx.web
    jdk.accessibility
    jdk.attach
    jdk.charsets
    jdk.compiler
    jdk.crypto.cryptoki
    jdk.crypto.ec
    jdk.crypto.mscapi
    jdk.dynalink
    jdk.editpad
    jdk.hotspot.agent
    jdk.httpserver
    jdk.incubator.httpclient
    jdk.internal.ed
    jdk.internal.jvmstat
    jdk.internal.le
    jdk.internal.opt
    jdk.internal.vm.ci
    jdk.jartool
    jdk.javadoc
    jdk.jcmd
    jdk.jconsole
    jdk.jdeps
    jdk.jdi
    jdk.jdwp.agent
    jdk.jlink
    jdk.jshell
    jdk.jsobject
    jdk.jstatd
    jdk.localedata
    jdk.management
    jdk.management.agent
    jdk.naming.dns
    jdk.naming.rmi
    jdk.net
    jdk.pack
    jdk.packager
    jdk.packager.services
    jdk.policytool
    jdk.rmic
    jdk.scripting.nashorn
    jdk.scripting.nashorn.shell
    jdk.sctp
    jdk.security.auth
    jdk.security.jgss
    jdk.unsupported
    jdk.xml.bind
    jdk.xml.dom
    jdk.xml.ws
    jdk.zipfs
    

Java SE 9で導入されたJava Platform Module System(JPMS)のモジュール毎のディレクトリとなっています。

Java SEの標準ライブラリのソースコードはしばしば参照することになるので、利用しやすいようにアーカイブファイルを展開しておきます。JDK 9インストールディレクトリ下にsrcディレクトリを作成し、その下にsrc.zipを展開します。

Java SE Development Kit 9 Documentationを展開

  • jdk-9.0.4_doc-all.zip

ついでに日本語訳のドキュメントも展開

環境変数の設定

Windowsで複数JDKバージョンを切り替える

複数のJDKバージョンをインストールし、適宜使用するバージョンを切り替えるバッチファイルを作成しました。
Windows OSのレジストリを検索し、環境変数を設定します。

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)