プロジェクト

全般

プロフィール

Intel Parallel Studio XE 2013 SP1 Cluster Edition インストール

はじめに

Linux版のインストールと設定

インストール記録

KVMゲストOS(CentOS 6.6)へのインストール

IntelサイトからダウンロードできるParallel Studio XE 2013 SP1 Cluster Editionは、Update1でした。

  • ダウンロードした次のファイルを仮想ゲストへ転送
    l_ics_2013.1.046.tgz
  • アーカイブを展開
    ~$ tar xzf l_ics_2013.1.046.tgz
    ~$ cd l_ics_2013.1.046
    l_ics_2013.1.046$ sudo ./install.sh
    CPU is not supported.
    

    ここでCPUがだめとのエラーが出ました。install.shを調べてみると、/proc/cpuinfoの結果からCPU FamilyおよびModelの値を取り出し、それが一定値より小さいとエラーになります。
    KVMゲストの場合、デフォルト(?)ではCPUの種類をCeleron M/Pentium Mobileとして認識するのでIntelコンパイラの対象外とみなされます。Linux KVMハードウェアを参照してCPUを認識させます。
l_ics_2013.1.046$ sudo ./install.sh
  : (あまりにたくさん質問してくるので記録しきれない・・・)

インストールされたディレクトリ構成

/opt/intel
  +-- advisor_xe  -> /opt/intel//advisor_xe_2013
  +-- advisor_xe_2013
  +-- bin
  +-- composer_xe_2013_sp1
  +-- composer_xe_2013_sp1.2.144
  +-- composerxe  -> composer_xe_2013_sp1
  +-- icsxe
  +-- imb
  +-- include  -> composerxe/include
  +-- inspector_xe  -> /opt/intel//inspector_xe_2013
  +-- inspector_xe_2013
  +-- ipp  -> composerxe/ipp
  +-- ism
  +-- itac
  +-- lib  -> composerxe/lib
  +-- licenses
  +-- man  -> composerxe/man
  +-- mkl  -> composerxe/mpirt
  +-- mpirt  -> composerxe/mpirt
  +-- tbb  -> composerxe/tbb
  +-- vtune_amplifier_xe  -> /opt/intel//vtune_amplifier_xe_2013
  +-- vtune_amplifier_xe_2013

/opt/intel/bin の主要ファイル(シンボリックリンク)

/opt/intel/bin
  +-- codecov  -> ../composerxe/bin/codecov
  +-- compilervars.csh  -> ../composerxe/bin/compilervars.csh
  +-- compilervars.sh  -> ../composerxe/bin/compilervars.sh
  +-- fpp  -> ../composerxe/bin/fpp
  +-- gdb-ia  -> ../composerxe/bin/gdb-ia
  +-- icc  -> ../composerxe/bin/icc
      :

/opt/intel/composer_xe_2013_sp1

/opt/intel/composer_xe_2013_sp1
  +-- Documentation  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/Documentation
  +-- Samples  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/Samples
  +-- bin
  |     +-- codecov  -> ../../composer_xe_2013_sp1.2.144/bin/intel64/codecov
  |     +-- compilervars.sh
  :     :
  :     +-- icc  -> ../../composer_xe_2013_sp1.2.144/bin/intel64/icc
  :     :
  +-- include  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/compiler/include
  +-- ipp  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/ipp
  +-- lib  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/compiler/lib
  +-- man  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/man
  +-- mkl  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/mkl
  +-- mpirt  -> ../composer_xe_2013_sp1.2.144/mpirt
  :

インストール後、バージョンを確認します。

~$ . /opt/intel/bin/compilervars.sh intel64
~$ icc -v
icc バージョン 14.0.2 (gcc バージョン 4.4.7 互換)
~$

次に、IntelサイトからダウンロードできるParallel Studio XE 2013 SP1 Composer Edition for C++ Update4を適用。
l_ccompxe_2013_sp1.4.211.tgz

アーカイブを展開してインストール

~$ tar xzf l_ccompxe_2013_sp1.4.211.tgz
~$ cd l_ccompxe_2013_sp1.4.211
l_ccompxe_2013_sp1.4.211$ sudo ./install.sh

インストール先を見ると

/opt/intel
  +-- composer_xe_2013_sp1
  +-- composer_xe_2013_sp1.2.144
  +-- composer_xe_2013_sp1.4.211
  +-- composerxe  -> composer_xe_2013_sp1

となっています。composer_xe_2013_sp1の中を見ると
/opt/intel
  +-- composer_xe_2013_sp1
        +-- Documentation  -> ../composer_xe_2013_sp1.4.211/Documentation
        +-- Samples  -> ../composer_xe_2013_sp1.4.211/Samples
        +-- bin
        |     +-- codeconv  -> ../../composer_xe_2013_sp1.4.211/bin/intel64/codeconv
        |     +-- compilervars.csh
        |     +-- compilervars.sh
        |     +-- gdb-ia  -> ../../composer_xe_2013_sp1.4.211/bin/intel64/gdb-ia
        |     +-- icc  -> ../../composer_xe_2013_sp1.4.211/bin/intel64/icc

となっています。

コンパイラバージョンは、

~$ . /opt/intel/bin/compilervars.sh intel64
~$ icc -v
icc バージョン 14.0.4 (gcc バージョン 4.4.7 互換)

となりました。

同様に、Fortranコンパイラのアップデート(Update 4)も適用します。
IntelサイトからダウンロードできるParallel Studio XE 2013 SP1 Composer Edition for Fortran Update4を適用。
l_fcompxe_2013_sp1.4.211.tgz

アーカイブを展開してインストール

~$ tar xzf l_fcompxe_2013_sp1.4.211.tgz
~$ cd l_fcompxe_2013_sp1.4.211
l_fcompxe_2013_sp1.4.211$ sudo ./install.sh

同様に、インテルmpiライブラリのアップデート(4.1 update 3(049))を適用します。
l_mpi_p_4.1.3.049.tgz

アーカイブを展開してインストール

~$ tar xzf l_mpi_p_4.1.3.049.tgz
~$ cd l_mpi_p_4.1.3.049
l_mpi_p_4.1.3.049$ sudo ./install.sh

/opt/intel/lmpi/4.1.3.049 にインストールされました。

同様に、インテルTBBライブラリのアップデート(4.2 Update 5)を適用します。
l_tbb_4.2.5.176.tgz

アーカイブを展開してインストール

~$ tar xzf l_tbb_4.2.5.176.tgz
~$ cd l_tbb_4.2.5.176
l_tbb_4.2.5.176$ sudo ./install.sh

次は、VTune Amplifier XE 2013 Update 17を適用します。
vtune_amplifier_xe_2013_update17.tar.gz
これも、展開してinstall.sh実行です。

次は、Inspector XE 2013 Update 9を適用します。
inspector_xe_2013_update9.tar.gz
これも、展開してinstall.sh実行です。
l_ccompxe_2013_sp1.4.211.tgzに既に織り込まれています)

次のファイルはインテルコンパイラでビルドしたアプリケーションを別マシンで動かすときに必要となるランタイム・ライブラリです。
動作マシンにインストールしておきます。インストールは、同様にアーカイブを展開してinstall.shを実行です。
  • l_ccompxe_2013_sp1.4.211_redist.tgz
  • l_mpi-rt_p_4.1.3.049.tgz
    これらには、RPMパッケージは含まれず、直接ライブラリファイル(libintlc.so.5など)が含まれています。

設定

環境変数設定

コンパイラ使用前に、compilervars.shを実行し環境変数を設定します。

$ source /opt/intel/bin/compilervars.sh intel64

使用

コンパイラの使用

  • Cコンパイラ
    $ icc foo.c
  • C++コンパイラ
    $ icpc foo.cpp

デバッガーの使用

  • GUIでデバッガ起動
    $ idb
  • CUIでデバッガ起動
    $ idbc

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)