プロジェクト

全般

プロフィール

H2 database

はじめに

H2 databaseは、JavaVM上で動作する軽量RDBMSでオープンソース、JDBC APIを使用し、組込み(同一プロセス)およびサーバーで動作します。
ライセンスは、MPL2.0(Mozilla Public License 2.0)およびEPL1.0(Eclipse Public License 1.0)のデュアルライセンスです。
2005年12月に最初のリリースがありました。主開発者のトーマス・ミュラー氏は、元Hypersoic SQLの初期開発者で、その後PointBase社に入ってPointBase Micro(商用Java SQLデータベース)の開発を手がけ、その後、H2の開発を始めました。

公式サイト: http://www.h2database.com

インストール

入手

ベータ版と最新安定板の2つのバージョンが、Windows OS向けのインストーラーと、汎用のZIPアーカイブで提供されています。

Windows OSへインストーラーでのインストール

2015-10-10時点での最新安定板(Version 1.3.176)のWindowsインストーラーは次のファイルです。
  • h2-setup-2014-04-05.exe

実行すると、UAC確認の後、インストーラーが起動し、インストール先ディレクトリ(デフォルトはC:\Program Files (x86)\H2)を設定するダイアログを表示、そこにインストールします。

実行

H2データベースは、次の実行モードがあります。

  • 組込みモード(Embedded)
    アプリケーションと同一JVM上からJDBCで開かれ動作する
  • サーバーモード(Server)
    1つのJVM上で動作し、TCP/IP通信で接続しJDBCまたはODBC APIで開かれる
  • 混合モード(Mixed)
    最初のアプリケーションが組み込みモードで開き、かつTCP/IPで他のプロセスからも接続可能とする

サーバーモードでの起動

Windowsユーザーセッション(ログオンした環境)からの起動

特に起動スクリプト(バッチファイル)は用意されていないので、コマンドラインで実行します。

C:> cd Program Files (x86)\H2\bin
C:> java -cp h2-1.3.176.jar org.h2.tools.Server
TCP server running at tcp://192.168.1.11:9092 (only local connections)
PG server running at pg://192.168.1.11:5435 (only local connections)
Web Console server running at http://192.168.1.11:8082 (only local connections)

Windowsサービス起動

サービスへの登録、起動スクリプト(バッチファイル)が用意されているので、それを使ってサービスへの登録をします。
スクリプト群は、C:\Program Files (x86)\H2\service\の下にあります。

0_run_server_debug.bat  4_stop_service.bat         wrapper.dll
1_install_service.bat   5_uninstall_service.bat    wrapper.exe
2_start_service.bat     serviceWrapperLicense.txt  wrapper.jar
3_start_browser.bat     wrapper.conf
操作 スクリプト 備考
サービスのインストール 1_install_service.bat
サービスの開始 2_start_service.bat
コンソールの立ち上げ 3_start_browser.bat 8082ポート接続固定
サービスの停止 4_stop_service.bat
サービスのアンインストール 5_uninstall_service.bat

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、スクリプトを実行します。

サービスのインストール

1_install_service.batを実行すると、bin\h2-1.3.176.jarをh2.jarにコピーし、サービス名H2 Database Engine Serviceの名前でサービスに登録されます。

C:\Program Files (x86)\H2\service>1_install_service.bat
..\bin\h2-1.3.176.jar
        1 個のファイルをコピーしました。
ファイル ..\BIN\h2-1.3.176.jar と ..\BIN\H2.JAR を比較しています
FC: 相違点は検出されませんでした

wrapper  | H2 Database Engine Service installed.

C:\Program Files (x86)\H2\service>

インストールされたサービスは、スタートアップの種類が「自動」となっています。再起動するとサービスとして登録したH2 databaseが自動起動します。

設定

サービスとして起動するH2 databaseの設定は、同ディレクトリにあるwrapper.confに記載します。

Javaアプリケーションからの利用

JDBCドライバからの利用

H2 databaseへJDBC接続する際に使用するJDBCドライバは、H2 databaseをインストールした中にあるh2-1.3.176.jar にあるのでこれをクラスパスに含めます。

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)