プロジェクト

全般

プロフィール

Gitの無視ファイルの書き方

参照

公式ドキュメント

Git - gitignore Documentation

ディレクトリ階層の中の特定のファイルを除いて残りを無視対象にしたい

ホワイトリスト方式で指定のファイルを管理対象にする場合、.gitignoreファイルの書き方にちょっと工夫が必要です。次の方針で記述するのですが、試行錯誤が発生しました。

  • 最初にすべてのファイルを無視対象とする
  • 指定したファイルを無視対象から除外する

ホワイトリスト方式の試行錯誤(その1)

*
!alfa
!bravo/charlie

これだと、alfaは無視対象から除外されますが、charlieは無視対象のままです。

 *
 !alfa
+!bravo/
 !bravo/charlie

これも、alfaとbravoが無視対象から除外されますが、charlieは無視対象のままです。

特定のサブディレクトリ以下を無視対象としたい

リポジトリルートから任意のディレクトリ下にある特定のディレクトリ以下を無視

一階層のサブディレクトリ以下を無視

NetBeans IDEのプロジェクトの下に生成される、buildディレクトリ、distディレクトリを無視するには、.gitignoreファイルに次のように記述します。

build/
dist/

末尾にスラッシュを付けることで、ディレクトリにのみマッチするパターン指定となります。

二階層のサブディレクトリ以下を無視

NetBeans IDEのプロジェクト設定では、リポジトリに入れるべきではない固有の設定を、<プロジェクトディレクトリ>/nbproject/private/以下に置きます。このnbproject/privatedディレクトリ以下を無視するには、.gitignoreファイルに次のように記述します。

**/nbproject/private/
  • 注1)git 1.8.2以降で有効な設定のようです
  • 注2)github/gitignoreほかで紹介されている次の方法では無視対象になりませんでした
    nbproject/private/

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)