プロジェクト

全般

プロフィール

CentOS 6でApache HTTPDの設定

設定

CGIで任意の環境変数を渡す

デフォルトではCGIに渡される環境変数は限られたものになります。

/etc/profile.d/下に置いた定義ファイルの環境変数をCGIにPassEnvで渡す

例えば、/etc/profile.d/omega.sh に環境変数を定義したとします。

export OMEGA_HOME=/usr/local/omega
export OMEGA_BIN=$OMEGA_HOME/bin
export OMEGA_LIB=$OMEGA_HOME/lib
export OMEGA_OPTS="-d -v -r" 

  • /etc/sysconfig/httpd に追記
    + . /etc/profile.d/omega.sh
    
  • /etc/httpd/conf.d/omega.conf
    PassEnv OMEGA_HOME OMEGA_BIN OMEGA_LIB OMEGA_OPTS
    

SuEXECによる制限

以下の場合、上述の方法で環境変数を渡すように設定していても無効化されてしまいます。

  • SuexecUserGroupディレクティブを含むバーチャルホストへのCGI呼び出し
  • mod_userdir で制御されるCGI呼び出し

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)