プロジェクト

全般

プロフィール

ArcObjects

ArcObjectsは、ArcGIS for Desktop、ArcGIS Engine、ArcGIS for Serverの基盤となるコンポーネント(ソフトウェアライブラリ)です。ArcObjectsを使ってGIS機能をプログラムすることができ、そのプログラムをDesktopやServerに組み込んだり、独自のアプリケーションとして動かすことができます。

ArcObjectsは、Microsoft Windows上のCOM(Component Object Model)ライブラリとして作られており、COMへのアクセスが可能な各種プログラミング言語でプログラムを作成することができます。Windows OS上では、C++(クロスプラットフォーム)、VC++、.NET Framework上のプログラミング言語、Javaから利用できます。また、Linux上のWindowsエミュレーション機構(Wineか?)を使ってLinux上でもC++(クロスプラットフォーム)、Javaでの利用が可能となっています。

クロスプラットフォームC++版ではGUIライブラリにMotif(Linuxのみ)、GTK、Qt3、Qt4、WxWidgetが選択可能です。

開発環境

Windows .NET

Windows VC++

Windows クロスプラットフォームC++

Windows Java

Linux クロスプラットフォームC++

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)