プロジェクト

全般

プロフィール

ArcGIS Runtime SDK for JavaのNetBeans設定

NetBeansでArcGIS Runtime SDK for Javaの開発をするための設定を行います。

Antプロジェクトのライブラリ設定

設定方法

  • [ツール]メニュー > [ライブラリ]を選択して、「Antライブラリ・マネージャ」ダイアログを表示します。
  • [新規ライブラリ]ボタンを押し、ライブラリ名に[ArcGIS Runtime]と入力し、[OK]ボタンを押します。

antlibrary-1.png (新規ライブラリで名前入力)

  • 「Antライブラリ・マネージャ」ダイアログでライブラリ欄に[ArcGIS Runtime]が追加されたので、これを選択します。
  • 右側で[クラスパス]を選択し、[JAR/フォルダの追加]ボタンを押します。

antlibrary-2.png (JARファイルの選択)

"ArcGIS_Runtime_Java_Toolkit-sources.jar"を除く残りのJARファイルをすべて選択し、[JAR/フォルダの追加]ボタンを押します。

ArcGIS Runtime SDK for Javaを使うプロジェクトの設定

ArcGIS Runtime SDK for Javaを使うプロジェクトでは、プロジェクトのプロパティを選択し、「プロジェクト・プロパティ」ダイアログでカテゴリ欄に[ライブラリ]を選択、右側ペインで[コンパイル]タブを選択し、[ライブラリの追加]ボタンを押し、一覧から先ほど作成した[ArcGIS Runtime]を選択します。

antlibrary-3.png (プロジェクトのプロパティでライブラリにArcGIS Runtimeを追加)

ライブラリ設定を配布する

NetBeansのライブラリ設定は、ユーザー固有のディレクトリにXML形式ファイルとして作成されます。
Windows版 NetBeans 8.0 ベータの場合、次のパスにあります。

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\NetBeans\8.0beta\config\org-netbeans-api-project-libraries\Libraries\ArcGIS_Runtime.xml

このファイルを、NetBeansを使用するユーザーの同じパスに配置すれば、ライブラリ設定を共有することができます。

  • 1つもライブラリ設定を追加していないユーザーの場合、末尾のディレクトリLibrariesが存在していないことがあります。そのときは、Librariesディレクトリを作成し、その中にXML形式ファイルを保存します。

antlibrary-1.png 表示 - 新規ライブラリで名前入力 (73.3 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 16:54

antlibrary-2.png 表示 - JARファイルの選択 (60.9 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 16:54

antlibrary-3.png 表示 - プロジェクトのプロパティでライブラリにArcGIS Runtimeを追加 (92.4 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 16:54

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)