プロジェクト

全般

プロフィール

ArcGIS Runtime SDK for Javaのインストール

無償の開発者アカウント(ArcGIS for Developers)で利用する場合

「ArcGIS for Developers」は、無償でArcGIS Runtime SDKを入手し、開発とテストを行うことができます。

ArcGIS for Developersにサインイン

  • [SIGN UP FOR FREE]をクリックします。
  • 名前と電子メールアドレスを入力し、[SIGN UP FOR ARCGIS FOR DEVELOPERS]をクリックします。
  • 電子メールアドレス宛にメールが来るので、メール内のリンクをブラウザで開きます。
  • ログインに使用するユーザーアカウント名(6~24文字)、パスワード(8~14文字)、所属組織、ArcGIS OnlineアカウントのURL、パスワード忘れ時のリマインダー質問の選択とその解答を記入し登録します。

ArcGIS Runtime SDK for Javaのダウンロード

  • ArcGIS for Developersサイトにアクセスし、右上の[SIGN IN]をクリックします。
  • ユーザーアカウント名、パスワードを入力します。
  • 右上のダウンロードアイコンをクリックします。
  • ArcGIS Runtime SDK for Java の開発・実行するOSの[DOWNLOAD]をクリックします。
    Windows、Linux(32bit)、Linux(64bit)が選択可能です。
    2014-10-11現在、Windows版は次のファイルがダウンロードされます。
    • ArcGIS_Runtime_SDK_Java_1024.exe

ArcGIS Runtime SDK for Javaのインストール

ダウンロードしたファイルを実行します。
インストールで一時的に使用するフォルダを聞いてくるので適当な場所を指定します。

ArcGIS Runtime SDK 10.2.3からは、開発ライセンス(認証)が不要となっています。

authorization-3.png 表示 - Software Authorization Wizardの情報入力画面 (36.8 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 00:07

authorization-6.png 表示 - License Viewerの画面 (50 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 00:59

authorization-1.png 表示 - Software Authorization Wizardの最初の画面 (22.3 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 01:01

authorization-2.png 表示 - Software Authorization Wizardの次の画面 (22.3 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 01:01

authorization-4.png 表示 - Software Authorization Wizardの情報入力画面(続) (24.7 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 01:01

authorization-5.png 表示 - Software Authorization Wizardの認証完了画面 (21.5 KB) 高橋 徹, 2014/02/19 01:01

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)