プロジェクト

全般

プロフィール

ArcGIS Runtime SDK for Java

リリース情報

  • Ver. 10.2.4リリース(2014-10-10)
  • Ver. 10.2.3リリース(2014-05-19)

次期バージョン情報

概要

  • デスクトップおよび組込み向け地図アプリケーション開発ライブラリ
  • Java SEで作成
  • Java Swing GUIを使用
  • ArcGIS Runtime SDK for AndroidとAPIを合わせている
  • 機能構造
GeoProcessing Network Analysis(Routing...) Editing
Geometry Engine GPS Search(Geocoding...)
Mapping & Visualization(online and local content)
  • Mapping & Visualization
    • データをレイヤとして追加
    • オンライン
      • ArcGIS Online, ArcGIS Server, OGC, Bing, OpenStreetMap, KML
    • ローカル
      • Tile packages(*.tpk), Map packages(*.mpk), Locator packages, Geoprocessing pakages(*.gpk)
    • グラフィックスレイヤ
      • カスタムデータ、ポイント/ライン/ポリゴン、シンボロジー、MIL-STD-2525C
  • Geometry Engine
  • Search
    • 空間データ(フィーチャー)の検索
    • 検索タスク: Query, Find, Identify, Geocoding
    • 同期/非同期パターン
    • オンライン、オフライン
    • Query
      条件に合うフィーチャの検索、SQLライク、フィルタ(空間、非空間)
    • Find
      フィーチャーの属性を文字列検索、複数レイヤ検索、自由形式な検索
    • Identify
      指定したジオメトリ上のすべてのフィーチャを検索、複数レイヤ検索
    • Geocoding
      オンラインのジオコードサービスかロケータパッケージを使用、単一行かアドレスフィールドを入力、バッチ処理、逆ジオコーディング
  • Geoprocessing
    • ArcGISのGIS解析ツール
    • モデルビルダーかPythonスクリプト
    • オンライン:ArcGIS Serverのgeoprocessingサービス
    • オフライン:ローカルジオプロセッシングパッケージ(GPK)
    • APIからタスクとしてサービスを実行
  • Network Analysis
    • Routing
      ルートサービスを使う、ストップ、巡回順序、バリア
    • 近隣検索
    • サービスエリア
  • Editing
    • ArcGISフィーチャーレイヤに対する操作
    • フィーチャの作成、編集、削除
    • 属性と形状(ジオメトリ)の編集
    • APIの使用: 細粒度の制御
    • ツールキットの使用: お手軽開発
      • テンプレートピッカー、ドローイングオーバーレイ、エディットツールバー、アトリビュート、アタッチメント
    • オンラインとローカル

ローカルサーバー

ArcGIS Runtime SDK for Java 10.2系のつくりは、ネイティブ(C++)で作成されたローカルサーバーと、Javaで作成されたクライアントから構成されます。地図データ(マップパッケージ(*.mpk)やタイルパッケージ(*.tpk))を読んで地図描画を生成する処理やGIS解析処理は、クライアントからのHTTP要求でローカルサーバー上で実施されます。
また、ArcGIS for Serverなどをクライアントから直に利用することもできます。
(というかArcGIS for ServerなどのWebサービスがないスタンドアロンでの処理をするためにローカルサーバーがあるという構成が近いかも)

32bitおよび64bitプロセス

ArcGIS Runtime SDK for Javaは、WindowsおよびLinux OS上で、32bitプロセスおよび64bitプロセスとして開発・実行できます。

セットアップ

ArcGIS Runtime SDK for Javaのインストール

無償の開発者アカウント(ArcGIS for Developers)で利用する場合

次の手順でArcGIS Runtime SDK for Javaのインストールを行います。

  • ArcGIS for Developersにサインイン
  • ArcGIS Runtime SDK for Javaのダウンロード
  • ArcGIS Runtime SDK for Javaのインストール

有償の開発者アカウント(EDN)で利用する場合

EDNのサイト(My Esri)からはダウンロードできなくなりました。が、上述のデベロッパーサイトにEDNのアカウントでサインインすればダウンロードすることができます。

Java開発環境への組み込み

NetBeans IDE

Eclipse

T.B.D.

その他(コマンドライン環境)

T.B.D.

情報源

Esri公式

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)