プロジェクト

全般

プロフィール

購入PC-KIRA-L93

仕様

CPU インテル Core i5-4210Y 1.5GHz(TurboBoost 2.0: 1.9GHz) 2core 4thread
RAM 8GB(PC3L-12800)
表示 13.3" TFT 2560x1440
ディスク SDD 128GB(SATA)
OS Windows 8.1
Windows 10
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac (コントローラ: Intel Dual Band Wireless-AC 72601)
Bluetooth Ver.4.0
SDカード microSD(microSD: 2GB, microSDHC: 32GB, microSDXC: 128GB)
USB 3.0x2
ビデオ出力 microHDMI
Webカメラ 前面 92万画素、背面 500万画素
センサー 電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサー
寸法(WDH) 319.9 x 227.0 x 16.9 mm
重量 1.75kg(キーボード非装着時: 1.3kg)

初期設定

Microsoftアカウントを入れると

初期設定中で、Microsoftアカウントを入力する場面があります。すると、ログインユーザーとしてMicrosoftアカウントの氏名の名前(苗字ではなく)が使われます。ユーザーのホームディレクトリが、C:\Users\徹と日本語名になってしまって、いろいろ困る原因となります。

初期設定ではインターネットに接続しないことで、Microsoftアカウントではなくローカルアカウントを作ることができる。または、Microsoftアカウントを新しく作るを選択後、Microsoftアカウントを使わずにサインインを選択し、ローカルアカウント作成できる。後でMicrosoftアカウントに切り替える。

初期設定でMicrosoftアカウントを使用してログオン名(Windowsのログオンアカウント)が日本語になってしまった場合は、そのユーザーは削除し別に作りなおす。

ローカルユーザーを作成、初期設定で作成したユーザーを削除、ローカルユーザーにMicrosoftアカウントを関連付け、の手順で対処しました。

デスクトップ周りの設定

起動時にストア画面(スタート画面)ではなくデスクトップを表示する

東芝製[起動画面選択ユーティリティ]を実行し、パソコンを起動したときに表示する画面を[デスクトップ]にします。

文字のズーム率を調整する

このマシンは、ディスプレイが13.3インチで解像度が2560x1440となっています。そのため、テキストを拡大表示する設定となっています。
東芝製[画面設定ユーティリティ]を実行し、左側ペインで[デスクトップテキストサイズ]を選択、右側ペインで適宜選択します。

ハードウェア関連

SDカード

本体内蔵のSDD容量不足を補うため、SDカードのメモリを追加しています。

  • 東芝 microSDXC 64GB Class10 UHS-I

使用していると、書き込みが遅いです(SDカード全般?)。とりあえずベンチマーク実施。

手持ちのmicroSDカード Kingston 32GB Class10 UHS-Iのベンチマークを実施。

TOSHIBAのSDカードのランダム書き込み速度が遅いです。

アプリケーションのインストール

不要なプレインストールソフトウェアの削除

WinZip

有償版へ切り替えろと出てくるので削除、別途7zipをインストールすることとする

追加インストールソフトウェア

7zip 9.20

公式でもいいのですが、来栖さん作成日本語化パッケージをインストールします。
http://crus.mydns.jp/7zip_jp/

NTEmacs 24.4 64bit版

https://github.com/chuntaro/NTEmacs64 よりemacs-24.4-IME-patched-generic-cpu.zipを入手します。
C:\tools\emacs-24.4にインストールします。

環境変数HOMEを@C:\Users\<ユーザー名>\Documentsに設定します。

emacs初期設定ファイルを%HOME%\.emacs.d\init.elとして作成します。

;; 文字コードの設定
(set-language-environment "Japanese")

;; フォント設定
; 英数字はConsolasを使う
(set-face-attribute 'default nil
            :family "Consolas" 
            :height 104)
; 日本語はメイリオを使う
(set-fontset-font nil 'japanese-jisx0208
          (font-spec :family "Meiryo"))
; フォントの大きさを実行時に変更(C-x C-0などで)したときに日本語フォントも追従させる
(add-to-list 'face-font-rescale-alist
         '("Meiryo" . 1.10))

;; テーマの設定
(load-theme 'misterioso t)

;; 起動時設定
(setq inhibit-startup-screen t) ; スタートアップ画面を出さない
(setq initial-scratch-message "") ; scratch初期メッセージ非表示
(tool-bar-mode -1) ; ツールバー非表示
(set-scroll-bar-mode nil) ; スクロールバー非表示

;; マウスで選択するとコピーする (Emacs 24ではデフォルトnil)
(setq mouse-drag-copy-region t)

;; バックアップファイル保存先を一元化
(setq make-backup-files t)
(setq backup-directory-alist
      `(("." . "~/.emacs.d/backups")))

;; emacsclient用のサーバー
(require 'server)
(unless (server-running-p)
  (server-force-delete)
  (server-start))

;; 初期カレントディレクトリをHOMEに
(cd "~")

Emacsでは、仮名漢字変換にSKKを使っているので、
http://openlab.ring.gr.jp/skk/ddskk-ja.html
よりddskk-15.2.tar.gzと、SKK-JISYO.L.gzを入手します。一時作業領域にddskkを展開しその中のdicディレクトリにSKK-JISYO.Lを配置、makeit.batを編集して実行します。

set PREFIX=C:\tools\emacs-24.4
set EMACS=%PREFIX%\bin\emacs.exe
set LISPDIR=%PREFIX%\share\emacs\site-lisp
set VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=%PREFIX%\share\emacs\24.4\site-lisp
set DEFAULT_MAKE_ARG=elc

C:\tmp\ddskk-15.2> makeit
  :
C:\tmp\ddskk-15.2> makeit what-where
  :
C:\tmp\ddskk-15.2> makeit install
  :

C:\Users\<ユーザー名>\Documents\.emacs.d\init.el に初期設定を記述します。

C:\tools\emacs-24.4\bin\emacsclientw.exe -a C:\tools\emacs-24.4\bin\runemacs.exeのショートカットを、%APPDATA%\Microsoft\Windows\SendToおよびデスクトップへemacsの名前で配置します。

操作

クイックアクセスメニュー(スタートメニュー的)の表示

[Win]+[x]キー、またはデスクトップ画面左下Windowsアイコンを右クリックでポップアップします。

チャームバーの表示

マウスカーソルを画面右下端に移動し続いて上に移動すると、画面右側にチャームバーが表示されます。

トラブルシュート

ローカルネットワーク上のNASへのアクセスが異様に遅い

Windows 10へのアップデート後半年ほどして、ローカルネットワーク上のNASにあるファイルを読み込むのが異様に遅く、また、フォルダを移動するのにも時間がかかる現象が目立ってきました。

Crystal Disk Markでネットワークドライブの性能を測定したところ、シーケンシャル読み込みで1MB/sを下回る惨状でした。
ドライバーを更新してみたところ、Ver.18.32.0.5 になり、体感的にはやや改善、Crystal Disk Markでも5MB/sに改善しました。でもまだ遅いです。

無線LAN側で、ビーコン間隔を100msから250msに延ばし、WMMを有効にしたところ、8MB/sに改善(他の項目も倍程度)しました。
それでも遅いですが・・・

外付けディスプレイ(4:3)への出力が縦に圧縮されてしまう

micro HDMI端子から、micro HDMI-VGA変換アダプタを経由して外付けのディスプレイ(1600×1200、EIZO S2000)に出力した際、画面の上下左右の表示が欠落し、また、縦横比が縦に長い状態となってしまいました。

解決方法1 オートスケーリングを有効にする

  • [コントロールパネル] > [小さいアイコン](または[大きいアイコン]) > [インテルHDグラフィックス]を選択し、「インテルHDグラフィックス・コントロールパネル」画面を開きます。
    → コントロールパネルのカテゴリからはアクセス方法が分かりませんでした
  • [ディスプレイ]を選択、左メニューの[一般設定]を選択
  • ディスプレイの選択欄で外付けディスプレイ(今回は[デジタルテレビS2000])を選択
  • 解像度欄で表示したい解像度を選択
  • スケーリング欄で、[ディスプレイ・スケーリングを保持する]を選択
    → デフォルトでは[縦横比を保持する]が選択されていた
  • [適用]を実行

IntelHDGraphicsControlPanel-1.png (インテルHDグラフィックス・コントロールパネル ディスプレイの一般設定)

IntelHDGraphicsControlPanel-1.png 表示 - インテルHDグラフィックス・コントロールパネル ディスプレイの一般設定 (1.28 MB) 高橋 徹, 2017/05/14 22:43

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)