プロジェクト

全般

プロフィール

自作PC検討-2017年夏

仕様検討

背景

自作PCの更新のタイミングは、性能が体感できるだけの違いが出てから、それはおおよそ2倍程度の性能差という感じでいます。
それは、性能が数値的に20~30%向上しても体感できるほどの違いが感じられないことが多いから、2倍(100%向上)という根拠です。

さて、現在メインで使用しているPCは、自作PC-M4A87TDEVOです。2010年に組み立て、CPUはAMD Phenom Ⅱ x6 1055Tを搭載しています。
7年が経過しましたが、今の自作PCはどの程度の性能になっているでしょうか。

CPU

PhenomⅡx6→Ryzen 7の検討

現行機のCPUが、6コアなので、並列性能で言えば12コア以上が欲しいところです。
今年登場したAMDのRyzen 7シリーズは8コア16スレッドです。スレッド数で言えば2倍以上となります。
ただし、スレッドは演算器等を共有するのでコアの性能に比べて数割(一説には2割)程度となります。
そこで、スレッドの性能を2割とすると、6コアから8コア16スレッドになることによる性能向上は、コアの性能を同じとすれば

$ \frac{8 + (16 - 8) * 0.2}{6} = 1.6 $

となります。

CPU性能向上比を2とするには、この1.6にクロック比の向上を織り込みます。

$ G_clock = \frac{2}{1.6} = 1.25 $

ということで、1.25倍のクロックが欲しいところです。PhenomⅡx6 1055T のクロックは2.8GHzなので、

$ Clock = 2.8 * 1.25 = 3.5 $

となり、単純モデルで机上計算したところでは、8コア16スレッドで3.5GHzが目標性能となります。

なお、アーキテクチャの進化により、同一クロックでもPhenomⅡとRyzenでは性能向上があると推察されます。

PhenomⅡとRyzen とのベンチマーク比較情報が次にあります。
https://www.computerbase.de/2017-03/benchmarks-phenom-ii-x6-ryzen-7-vergleich/#diagramm-handbrake

PhenomⅡ X6 1090T と Ryzen R7 1700 との比較を抜粋すると 2~3倍 となっています。

Ryzen Threadripper

さらにRyzen Threadripperは、16コア32スレッドまで提供されます。
6コアから16コア32スレッドになることによる性能向上はコアの性能を同じとして、

$ \frac{16 + (32 - 16) * 0.2}{6} = 3.2 $

となります。12コア24スレッドの場合は

$ \frac{12 + (24 - 12) * 0.2}{6} = 2.4 $

となります。

メモリ

現行機は、DDR3 1333 なので10GB/秒(デュアルチャネルで20GB/秒)です。

PhenomⅡx6→Ryzen 7の検討

Ryzenのメモリインタフェースは、条件によって変わります。

ランク 枚数 クロック
デュアルランク 2枚 2400
シングルランク 2枚 2667
デュアルランク 4枚 1866
シングルランク 4枚 2133

ということで、メモリを多めに積みたい(後日増設を含め)のであれば、DDR4 2133 のシングルランクのDIMMを搭載します。

DDR4-2133 は、17GB/秒(デュアルチャネルで34GB/秒)と、現行機の1.7倍となります。

マザーボード

Ryzenは、ソケットがAM4、チップセットは AMD B350、A320、X370
Ryzen Threadripperは、ソケットがTR4、チップセットは AMD X399

チップセット

オーバークロック可能なのがX370、B350
CrossFire/SLI対応なのがX370
USB 3.1 Gen.2を2ポート持つのがX370, B350、1ポートのみがA320
SATAを4ポート持つX370、2ポート持つのがB350とA320(SATA Express をSATAに転用して4ポート以上にするマザーボードある)
SATA Expressはいずれも2ポート

ATXボード

  • ASUS CROSSHAIR VI HERO
  • ASUS PRIME X370-A
  • ASRock Fatal1ty X370 Professional Gaming
  • ASRock X370 Taichi
    16フェーズVRM、NIC:Intel I211AT、WiFi、
  • ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4
  • MSI X370 Gaming PRO CARBON
  • ASUS ROG STRIX B350-F GAMING
    NIC:Intel I211AT
  • ASUS PRIME B350-PLUS
  • MSI B350 TOMAHAWK ARCTIC
    鉄板、SATA 4つ、PCI 2つ

MicroATXボード

  • MSI B350M PRO-VDH

メモリ

ディスク

電源

ケース

スチール製とアルミ製がある。アルミは、軽量、冷却性、デザイン性、耐食性に利点。スチール製は頑丈、安い、静音性

ミドルタワー

  • Fractal Design Define R5(23x52x45cm、12kg)
    色は黒/白/タイタニウム、5.25インチドライブベイ2台、HDD/SSDドライブゲージ(8台)、2.5インチドライブ2台、静音設計(フロント/サイドパネルに吸音素材)、140mmファン2基(前面と背面)、最大9基の120/140mmファン取付可
    http://shop.tsukumo.co.jp/special/141224r/
  • Corsair Obsidian 550D(22x53x50cm、9.2kg)
    黒、5.25インチドライブベイ4台、2.5/3.5インチシャドウベイ6台、120mmファン3基(前面2、背面1)
    http://www.links.co.jp/item/550d/
  • Abee SME-J07R-BK(21x42x45cm、5.6kg)

参考情報

購入検討

B350チップセット

M/B

名称・型式 最低価格(2017-07-01)
MSI B350 TOMAHAWK 11,885
ASUS PRIME B350-PLUS 12,409

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)